<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ミラーサイクルエンジン

ミラーサイクルエンジン
圧縮比より膨張比が高いエンジンで
ノッキングを制御しながら圧縮を高め
燃費向上につながるという。
かつてユーノス800に搭載されが有名になった技術。

具体的には、
①吸気側のバルブの開放を遅らせる又は閉鎖を早める。
②圧縮を高める。

そのためには
①カムシャフトの加工。閉鎖を早めるだけなら吸気側の山を切削加工。
吸気側のロッカーアームを切削加工も同じ効果が期待できるか。
②高圧縮ピストン。
現行のマツダデミオのノーマルエンジンの圧縮比が10:1に対し
ミラーサイクルは11:1
ちなみに現行カブが10:1。
最近は車の高燃費化に伴い圧縮比は高くなる傾向。

疑れば、耐久性とセッティングに難が生ずるということか。
いずれにせよ、
この辺はネットで探っても出てこない情報の領域の様である。
a0148579_23332922.jpg

記事と画像はまったく関係ありません。って当たり前か。
[PR]

by cub-tachibana | 2010-06-19 23:37 | エコラン